新ドラマ「anone」広瀨すず10代ラスト主演は坂元裕二の最新作!

anone

2018年のスタートと共に放送予定の新ドラマの情報が続々と出てきました。今回紹介するのは2018年1月スタートの水曜ドラマ「anone」です。

広瀨すずさんが10代ラストを飾る作品となるこのドラマ、いったいどんな内容なのでしょうか?新ドラマ「anone」のあらすじと見どころを徹底紹介していきます!

ドラマ「anone」あらすじ

人に裏切られ社会から遠ざかって生きてきた19歳の少女、辻沢ハリカは全てを失ってもなお生きようと葛藤していました。生きる希望を見失ってネットカフェで生活する毎日。

そんなハリカの前に一人の高齢の女が現れます。その女は法律事務所で事務員として働いている林田亜乃音という女でした。過去印刷会社を経営していた夫を亡くした未亡人。

亜乃音もハリカ同様人を信じることができず、自分と同じ気持ちを抱くハリカを自分の家族と偽って家に置くことにするのです。

二人は作り物の記憶とこれまでの時間を抱えてきました。共同生活を始めた二人は世間をも騙す大がかりな計画を企てるのです。その事件とは?そして生きるということの意味は?人として大切なものとは?描かれるのは本当の人間愛です。

ドラマ「anone」みどころ

超豪華なキャスト勢

広瀨すずさんが2年ぶりにドラマ出演されるこの作品。それを支える豪華な俳優陣に注目です。

広瀨すずさん演じるハリカが出会った女・林田亜乃音を演じるのは大ベテラン女優の田中裕子さん。その他にも瑛太さんや阿部サダヲさんなど主役級の俳優たちが脇を固めます。

脚本を担当するのは坂元裕二

今回脚本を担当するのは坂元裕二さんで完全オリジナル脚本です。出演者と同じくらい注目される坂元裕二さんは大人気脚本家の方なんです。

これまで担当された脚本は「東京ラブストーリー」や「最高の離婚」、今回出演される田中裕子さんも出演された「Mother」に「Woman」、そして最近のドラマといえば月9枠で有村架純さんが主演された

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」や松たか子さん、高橋一生さんらが主演を務めた「カルテット」など注目度の高い人気ドラマを多く世に出されてきました。

今回新作脚本ということで出演者が超豪華なのも頷けます。

演出家担当は水田伸生

このドラマの見どころは出演者や脚本家だけではありません。演出を担当するのは水田伸生という人物。

どんなドラマを担当していたのかというと、坂元裕二さんとタッグを組んだ「Mother」や「Woman」の他にも、大人気ドラマとなった宮藤官九郎さん脚本のドラマ「ゆとりですがなにか」、最新作でいうと「先に生まれただけの僕」などを担当されています。

坂元裕二さんとは久しぶりのタッグとなるので注目は高まるばかりです。

 

いかがでしたか?新ドラマ「anone」のあらすじと見どころを紹介してまいりました。魅力が語りきれないほど注目する点が多いドラマ「anone」。

広瀨すずさんは人生で最も短いショートカットにされたようで10代最後になる作品にかなり気合が入っていますね。大注目の新ドラマ「anone」は2018年1月10日水曜日、22時スタートです!

関連記事