99.9 season2 8話 感想はこちら!

感想

99.9SEASONⅡの8話の感想をお伝えしていきます!

今回は毒殺事件

藤堂議員(佐野史郎さん)の選挙事務所で、藤堂議員の妻・京子(森口瑤子さん)と藤堂議員の第一秘書・上杉が羊羹を食べて倒れます。秘書の上杉は帰らぬ人となり、奥さんは意識不明の重体になってしまいます。

羊羹の送り主であるニシカワメッキの社長・西川五郎(おかやまはじめさん)が逮捕されました。藤堂議員と西川社長が言い争いになっていたという証言や、毒物を管理していたのは社長だけというのは怪しく感じました。

ニシカワメッキにあった毒物と、今回の羊羹に混入していた毒物が一致したということが逮捕の決め手になったようです。

しかし、最後に毒物を取り出した記録と言い争いになった日付ではあまりにも違ったし計画的な犯行とも思えません。

そんなことで逮捕していたら、えん罪ばかりになってしまって裁判所も大変なことになるんじゃないかと想像してしまいます。

しかも、藤堂議員を狙うならもっと別の方法があったと思うし西川社長が犯人だとして、確実な方法をとらない点も不可解でした。

藤堂議員が不倫!秘書が訴えようとしていた

夫を支え続けていた藤堂議員の妻である京子(森口瑤子さん)を裏切り続ける藤堂議員を許せなかったというのは正義感にあふれる行動だと思います。

自分自身も職を失うことになるし、信用もなくなって秘書として仕事ができなくなるんじゃないかとも感じました。

そんな危険を冒してまでも告発しようとする勇気が凄いなと思います。もしかすると、上杉は京子さんに好意を抱いていたのかもしれません。

佐田先生が変わった

佐田先生(香川照之さん)が、珍しく事件の説明をしていて驚く班目法律事務所の刑事専門ルームのメンバーたち。

前回の7話では佐田先生が被告人となり、依頼人の気持ちを身に染みて感じたからだろうと話していました。

私は佐田先生が深山(松本潤さん)と舞子(木村文乃さん)の3人で接見に行った時に佐田先生が変わってきているのではと感じました。

いつも通り深山が「生い立ちからお願いします」と西川社長に言い、西川社長は不思議そうに「生い立ち?」と聞き返したとき「私も先日そちら側で自分の生い立ちについて語る機会があったんですが、

いざ語ってみると自分の人生に対して意外な発見があったりします」と肯定的な意見を言ったのです。

佐田先生がこんなにも協力的になるなんて、素晴らしいなと思っていました。まさかニシカワメッキの新技術が狙いだったとは想像もしていなかったですが、佐田先生らしくてそれもアリかと納得でした。

発言するときは「はい!」

鑑定をしている沢渡(白井晃さん)の変わり者の感じが面白かったです。発言するときは「はい!」と言ってから発言することを徹底させる沢渡のことを深山は楽しんでいるようでした。

偏屈な人が出てきたと思っていましたが、特徴もあってとても面白く感じました。ニヤニヤして何を考えているのかわからない深山も不思議だったし面白さがありました。

憎たらしい裁判長

川上(笑福亭鶴瓶さん)が京子に羊羹の箱を本当に見たのかと尋問するシーンは、裁判官でなく検察官のように見えました。いったい何を裁いているのでしょうか。

被告人の人生なんて考えていないのだろうなと思いましたし川上の言う「ええ判決」は裁判所にとってのええ判決であり、憎たらしくてしょうがなかったです。

川上は怖さも憎たらしさもあり、そうなったのには過去の経験でいろいろあったのかなと推察しました。最終回ではどのような展開になるのか楽しみです。

関連記事