99.9 ドラマのあらすじ 1話 ネタバレあり

99.9 刑事専門弁護士

事件の検証は本格的に!

とある事件の検証をする深山(松本潤さん)とパラリーガルの明石(片桐仁さん)。車を飛ばし、オービスに映り、何とか研究所にたどり着きました。

一方である企業の訴訟の現場に来た佐田(香川照之さん)。企業の特許について、副社長の息子が社外秘の情報を友人に漏らし株式を不正に購入させていたことを突きつけました。強引に和解を成立させた佐田は契約を同僚の弁護士から奪い取り、恨みを受けていました。

刑事専門チーム始動!

深山は検証した結果を法廷に持ち込み、裁判に挑みました。被疑者の証言通りにするとオービスに移りますが、実際には被疑者はオービスに映っていませんでした。

これらの検証から証言が虚偽であることがわかりました。そんな中、車のレンタル代やスピード違反と大赤字。明石は『金にならない刑事事件を受けることはやめてくれ』と言いました。

そんな中、斑目法律事務所のマネージャー(岸辺一徳さん)が深山を引き抜きにやってきます。ですが深山は断り、その場を去っていきました。

斑目は佐田に刑事事件専門のチームに入るよう指示します。佐田は一年刑事事件の担当をすることで経営に関わらせてくれるとの約束で、刑事事件チームに入ることに。

深山は明石の頼みもあり二人で移籍し、刑事専門チームに入ります。そこに立花彩乃(榮倉奈々さん)を加えてチームを結成しました。

担当するのはとある殺人事件

チームが最初に担当することになったのはとある殺人事件の弁護。運送会社社長赤木(赤井英和さん)が殺人を犯したという事件です。被害者はネットショップ社長塙。赤木は酒に酔っていて覚えていないとのこと。

早速接見に出かけた深山と立花は被疑者である赤木から話を聞きます。赤木は夜8時には社員を返し、事務所で晩酌をしていたと言います。

酔いが回って事務所のソファーで眠り、朝から仕事をしていたとのこと。昼の休憩時間になって塙社長が殺されたことをニュースで知ったようです。

任意の聴取を受けそのまま逮捕された赤木。事務所の机の下から凶器が出てきたらしく、自分には全く身に覚えがないと困惑していました。証明できる人もおらず途方に暮れています。

包丁には深山の指紋が残っており、防犯カメラには赤木の姿が映っていたとされていました。

事件のことが全く身に覚えのない被疑者

深山は検証をしていくうちに、様々なことを知ります。塙家の監視カメラの位置が侵入者の顔を撮れる位置に設置されていないこと。塙の会社が赤木の会社との契約を打ち切っていたこと。赤木が高血圧の薬を飲んでおり、そのことを赤木の社員はほぼ知っていたということ。塙が殺害された夜に火事が起きていたことなどを知ります。

なぜ赤木は消防車のサイレンに気付かなかったのか。それは薬を睡眠薬にすり替えられている可能性がありました。

また監視カメラに顔が映っていないことについて検証をした結果、カメラに映らないようにカメラ位置を確認し何度も練習しているであろうと言うことがわかりました。

被疑者家族の葛藤…

検証結果を検事に伝えると「赤木のことを塙の妻が目撃していた」とのこと。

そんな中赤木の妻が倒れたと言う連絡を受け、深山達は病院へ向かいました。赤木の子どもが泣きじゃくる中、立花は「必ず赤木を助ける」と約束します。

深山と佐田は協力して真実を見つけていく

深山は公判まで時間がないこともあり、佐田を脅して塙の会社の内情を調べるため協力を求めました。そこで二人は思いがけない0.1%の真実を見つけるのでした。

証言の真偽が明らかに

公判が始まりました。そこで深山は実際に現場と同じ状況で緑色のジャンパーを着て検証した映像を流しました。

ですが妻が目撃したと言う「緑色のジャンパーを着た男を見て赤木だと声をかけた」という証言が間違っていることがわかりました。ナトリウムランプに照らされた地下道では緑色のジャンパーは黒色に見えるのです。

ではなぜ妻は緑色のジャンパーを着ていたとわかったのか。それは「妻が緑色のジャンパーを着た男が通ることを知っていたから」と深山は言います。

犯人とその動機は…?

すべての犯行は塙の会社の社員である友永(田中要次さん)と共謀して妻が行っていたのでした。妻は塙からDVを受けており、それが原因で犯行に及んだようでした。

友永は株式投資の失敗を理由に会社のお金を使いこんでおり、それが社長である塙に発覚したことから犯行に及んだようでした。

次回は風間俊介さんがゲストで登場!

佐田と深山が協力して事件を解決した第一話でした。第2話かは佐田も深く事件解決に挑んでいくことになります。2話目も楽しみですね。

関連記事